主人の一菓言

主人の一菓言


私はお菓子屋です。毎日、美味しいお菓子を作っています。毎朝、試食もします。うらやましいとおっしゃる方もいらっしゃいますが、仕事ですから、メタボも気にせず、味見をしています。 お菓子をつくる喜びは、食べてくださる人のことを思うときです。幼い子供たちからご年輩の方までたくさんの人が食べてくださいます。

ところでお菓子を食べるときの情景を思い浮かべてみてください。
どんなとき?にぎやかな家族団らんのとき、親しい人との楽しい語らいのとき、お世話になった方への手土産にも...、お菓子は人の心に喜びを与えてくれるのではありませんか。
お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、"平和の食べもの"なのです。世界中の子供たちがお菓子を食べられるときが来たら、きっと世界中から戦争はなくなるでしょう。 だって、お菓子を食べるときは、みんな笑顔だから。
いつか、そんな日の来ることを期待しながら、毎日、お菓子を作っています。

当社の社是は『誠』です。誠心誠意の"誠"です。誠心誠意の気持ちで、人の心が温かくなるように一生懸命奉仕したいと思っています。 それからもう一つ、大切にしている言葉は『百試千改』です。つねに前向きの気持ちで取り組んで行きたいと思っています。

代表取締役 大谷 博国

こだわり