お菓子資料館
からくり茶運び人形紅葉丸
創的工夫によって作られた世界に類をみない、機械仕掛け人形です。
脱進装置、歯車、車輪等はすべて数種類の木を組み合わせて作られ、動力源のゼンマイやバネは鯨のひげが使われました。
大名や、豪商の贅沢な遊び道具の一つで、来客をお茶でもてなす時に使用されました。
人形の手にしている茶卓に茶碗を乗せると自動的に発進し、客が目の前に来た人形の茶碗を取るとその場で停止し、茶碗を戻すと、クルリと向きを変えて、元の所へ戻って行きます。
この茶運び人形を江戸時代の文献に基づき復元したのが、尾陽木偶師七代目玉屋庄兵衛です。 この『紅葉丸』は、伝統の技術を受け継ぐ九代目玉屋庄兵衛さんに「もみじ饅頭」のおもてなし用に復元してもらったものです。
ゼンマイはハガネですが、それ以外は木、鯨のひげ、絹糸等、江戸時代そのままに作られています。

からくり茶運び人形 紅葉丸